インスリン(インシュリン)とは

 菊芋まわりの分かりにくい用語です。

 「インスリン」です。「インシュリン」も同じものです。

 インスリンは膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモンの一種で、血液中のブドウ糖を細胞に取り込んでエネルギーとして使えるようにしたり、エネルギーとして必要ない分はグリコーゲンという物質に変えて肝臓や筋肉に蓄えたり、さらに脂肪として蓄えたりします。

 ごはんや甘いものなどを食べると、それらが分解吸収されて血液中のブドウ糖が増えます。その増えたブドウ糖をインスリンがエネルギーとして使えるようにしたり、形を変えて蓄えたりするのです。そうする事で血液中のブドウ糖が一定に保たれているんですね。

 なので、インスリンが分泌されなくなったり、不足してしまったり、細胞がインスリンをうまく使えなくなったりすると、ブドウ糖をエネルギーとして利用できず、血液中のブドウ糖が多い状態になってしまいます。「血糖値が高い、高血糖」という状態です。これが糖尿病を引き起こす原因となるのです。

 血糖値が低くなってしまったときには、血糖値を上昇させる機能が何重にも働くのですが、上がってしまった血糖値を下げる事ができるホルモンは「インスリン」だけなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ