菊芋のチップ

 菊芋のチップです。

 菊芋のチップはサクサクッとして、おやつ感覚で食べられます。蓮根とか人参とかゴボウとかいろんな野菜でチップを作って盛り合わせにして、その中に菊芋も入れておけば「これ何?」と菊芋を知らない人にも広めることもできます^-^

菊芋のチップ

 

【材料】
菊芋        適量
揚げ油       適量
塩          少々

【作り方】

今回は菊芋の皮をむいてチップにしましたが、皮付きでも大丈夫です。

1.まず菊芋を菊芋の下処理を参考にしっかりお洗います。
2.菊芋をスライサーなどを使って薄くスライスします。薄すぎても焦げやすくなるので、1~2ミリくらいがいいと思います。あ、水にさらしたりはしてはいけません。大事なイヌリンがみんな出てしまいますので。
3.揚げ油を低温でじっくりと揚げます。菊芋を入れると、一度沈んでゆっくりと浮いてくるくらいがちょうどよい温度です。一枚ずつ重ならないように油に入れていきます。
4.うっすら色ずいてきたら、箸で触ってみて堅くなっていることを確認して、しっかり油を切って、キッチンペーパなどにあげて、更に余分な油を切ります。
5.熱々のうちにしををパラパラと振って、完成です!

チップはこのままおつまみとしても美味しいですし、このサイトで紹介している菊芋のサラダのトッピングや、菊芋のポタージュの浮き身として使ってもいいですね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ