菊芋のきんぴら

菊芋を料理する上で外せないのがこの”きんぴら”です。

 

ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにもなりますよね、きんぴらさんは。

 

きんぴら

【材料】

菊芋           適量

蓮根           適量

胡麻油          少々

めんつゆ         適量

胡麻           少々

一味とか七味       お好みで

 

【作り方】

 

1.まず、菊芋を菊芋の下処理を参考に洗って、薄くスライスします。もちろん皮付きです。この菊芋のきんぴらは皮が付いていることで、食感にアクセントがあってとてもいい感じです。

2.蓮根は、皮をむいて酢水(色が変わらないようにするため)にスライサーなどでスライスしておきます。

蓮根は無くてもいいですが、もう一種類野菜を入れたほうが味、食感とも良くなります。蓮根でなくてもゴボウや人参といった、普通にキンピラにするものなら何でも大丈夫です。

3.中華なべやフライパンに少量の胡麻油を敷き、菊芋スライスと蓮根スライスをいれしっかりと炒めます。

 

4.菊芋、蓮根に火が入ったら、めんつゆを回しかけます。入れては味を見てを繰り返して好みの味になるまで入れます。めんつゆのみで味付けをするので、このめんつゆが結構大事です。

これじゃなきゃいけない、というわけではもちろんありませんが私は「創味のつゆ」を使っています。

 

5.お好みで、一味または七味をほんのちょっと入れます。

 

6.器に盛り付けて、胡麻を振って完成です!!

 

簡単で、すこぶる美味しい菊芋の食べ方です。ポイントは胡麻油と、めんつゆです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ